読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

REBEL∝VECTOR

小説/イラスト/詩/俳句 ©永都由崇

Mov.42 青い鳥(1)

TEM†PEST

 灰色に煙ってかすみ、ぐちゃぐちゃにゆらめく彼方の赤い星……陰った双眸にぼんやり映し、ユキトは乾いた流動に押されてよろめきながら混沌と流れる地を踏んだ。その左横では紗季がひどくゆがんだ荒れ野と陰鬱な空の狭間を見つめ、ぽっかりと間を空けた後方でエリーがプロテクターを外されたカーキ色の制服姿――うつろな顔をした新田の手を引きながら足を前に運ぶ。赤黒い黄昏に染まったデス・バレーを越え、押し潰されそうなほど重苦しい暗黒の夜を経て、彼等は半ば流れのまま西方へ歩き続けていた。

 

(……僕の、せいだ……)

 

 自分の肩越しに新田をうかがい、ユキトはまたをかんだ。

 

(……あのとき、転がり落ちなかったら……――)

 

 流動に突き飛ばされてガクッと片膝を突き、呪いに蝕まれた右手で崩れた体を支える……首が折れそうなほど頭が重く、がんがん痛んでひび割れていく。

 

(……どうして、こんなことに……)

 

 心配する紗季に大丈夫と答えて立ち上がり、ユキトは後ろの2人から逃げるように歩き出した。抜け殻になった新田はもちろん、彼を献身的に介護するエリー――心を閉ざして手助けを一切拒み、食事から排泄まですべて独りで背負い込む少女の顔をまともに見ることができなかった。

 

(……黒の十字架でも、壊れて無くなってしまったものはどうしようもないだろうって、ワンも……)

「――斯波!」

 

 緊張した呼び声に暗澹とした顔を向けると、紗季がヘブンズ・アイズをサッとスライドさせ、見えるようにそばへ送る。

 

「――Unknownが、複数近付いているわ……!」

「……!」

 

 判然としない3Dマップ上で、白い光点が10ほど接近していた。まだ距離があるのと、空間のゆがみがいつになくひどいせいでモンスターなのかどうかも分からないが、こちらに気付いているらしいそれらは車かバイク並みのスピードで真っ直ぐ向かって来ていた。

 

「モンスターかも……――エリーちゃん、新田さんと避難してっ!」

 

 警告されたエリーが無言で新田の手を引いて横に離れると、ユキトはこぶしをググッと固め、紗季はイジゲンポケットから出したブレイズウインドに矢をつがえた。だが、その警戒は間も無く驚愕に変わり、両名は3Dマップを見て目を疑った。

 

「……これ、警備隊よね?」

「……そ、そうだよ……警備隊……矢萩さんたちと……」

 

 距離を縮めた白い光点は、矢萩と三人衆の他に数人――そして、潤のキャラクター・アイコンに変わった。遺跡にいるはずの警備隊が、どうして前方から来るのか?――混乱しているうちにゆがみの向こうから猛獣のうなり声に似た音が響き、土煙とともに――

 

「――四輪バイク?」

「――バギーだ!」

 

 揺らめきからヴォオッッと姿を現す白いAVT(All Terrain Vehicle)、それに乗ってハンドルを握る者たち――デザインとカラーリングのせいで白虎にまたがっているようにも見える一団は十数メートル手前で停車して降り、今にも口角が裂けそうな笑みを浮かべる矢萩を核に白くいかめしい制服姿が障害物のごとく並んだ。

 

「……ねぇ」紗季が目で示し、ささやく。「隊服のデザイン、変わってない?」

「うん……まるで軍服みたいだ……」

「よう、元気そうじゃないか、斯波」

 

 うねった焦げ茶髪ごと左右にゆらりと頭を振り、矢萩がなめるようにあごを撫でる。

 

「――コネクトが通じなくなって大分経つから、どうなったのか気にしていたんだぞ」

「……――」

 

 矢萩に焦点を合わせていたユキトは冷気を感じて横に目をやり、腕組みしている潤の視線に凍りついた。突き刺すまなざしからは、欝々とたぎる炎に似たものが感じられた。

 

「……ところで……」紗季が、闇で手探りするように問う。「どうして警備隊が、あたしたちの前から来るんですか……?」

「警備隊じゃない。〈ハーモニー軍〉だ」

「ハーモニー軍?」

「そうだよ、イジン。警備隊以上の組織を目指して改編されたんだ。それにしても……」

 

 腕組みした矢萩は後ろに立つ三人衆――真木、中塚、入谷を振り返り、再び前を向いてユキトと紗季、離れたところで新田の手を握って体をこわばらせているエリーを見ていぶかった。

 

「――遺跡に接近するUnknownを確かめに出てみたら、西に旅立ったはずのお前らがなぜか東からやって来る……どういうことなんだ?」

「ま、まさか、そんな!」

 

 色を失ったユキトはヘブンズ・アイズを開き、縮尺を小さくして「あっ!」と驚いた。空間のゆがみで像がぼやけ、流動の影響で周辺の地形は変化していたが、行く手にあるのは確かにコンコルディ遺跡だった。

 

「……これって、どういう……」

 

 紗季と青い顔を見合わせ、雲間からのぞく赤い星を矢萩たち越しに見てユキトは立ち尽くした。過酷な環境をひたすら歩き、犠牲者まで出した挙句、振り出しに戻るという現実に打ちのめされ、ずたぼろの五体が流動に揺られてふらつく。

 

「ふん、まあいい。おい――」

 

 矢萩が目配せすると、軍服姿がユキトと紗季をザザッと囲み、それぞれ出現させた得物を構える。

 

「ちょっ、な、何するつもり?」

「びくつくなよ、イジン。詳しい事情を聴かせてもらうだけだ。無駄な抵抗はするな」

 

 半ばぼう然としていたユキトは抵抗らしい抵抗もしないまま封印の手錠をはめられ、紗季や逃げようとしたエリーも新田ともども捕まった。手錠を鎖でつながれた彼等は徐行するATVに引かれ、赤い星の下にある遺跡へ虜囚りょしゅうさながらに連行されていった……