読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

REBEL∝VECTOR

小説/イラスト/詩/俳句 ©永都由崇

Mov.39 分裂の始まり(1)

TEM†PEST

「――これは差別だッ! 横暴だァッ!」

 

 濁り、よどんだ黄昏に韓服軍団とこぶしを突き上げ、キム・ジュクは九十九つくも式自動小銃を携帯して運営委員会事務所前にずらりと立つ白い壁――矢萩、潤が率いる警備隊に青筋立てて怒鳴った。だが、総勢15名のコリア・トンジョクに対し、相手はおよそ100名。しかも、数に加えて武器やバリア、アクセサリーのレベルも上。まともにぶつかれば、敗北は確実。それゆえキムは、事務所の窓から顔を出している局員や観衆によく聞こえるように声を張り上げた。

 

「――何で俺たちは狩りを減らされ、テルマエランドや公共トイレの掃除ばかりさせられるんだッ!」

「そうだ、そうだ! デュフンッ!」オ・ムミョンが、憤慨する。「しかも、難癖付けて報酬を減額しやがって!」

 

 続いてチュ・スオがホンたちやユン、独り後ろにいるクォンをあおって口々になじらせる。それを腕組みして眺める矢萩は振り返って三人衆と顔を見合わせ、やにわに九十九式自動小銃の銃口を空に向けてトリガーを引いた。ダダダダダダッ――立て続けの響きが非難を途切れさせると、切り返しが間隙を突く。

 

「ごちゃごちゃ騒ぎやがって。委員会が承認したワークプランに文句を付けるつもりか?」

「報酬が減額されているのは――」潤が、冷たく反論する。「きちんと仕事をしていないからでしょう。それで満額支給されると思う方がおかしいわ」

「ふざけるなッ! 俺たちは掃除なんかしたくないんだ! 狩りをさせろッ! これは、俺たちを弱らせるための策略だァッ!」

「黙れッ! 黙らないと――」

 

 銃口をキムに向けようとした矢萩は、後方の警備隊員が左右にさっと割れ、そこを後藤アンジェラと歩いて来る佐伯を見て目元をゆがめ、結んだ唇をひねって横にどいた。矢萩と潤の間を通って前に出、まなざしでコリア・トンジョクメンバーを突き刺す佐伯、その斜め後ろでメガネレンズ越しにグレーの瞳を光らせる後藤――ハーモニーのリーダーとサブ・リーダー、警備隊隊長と副隊長である両名を、キムは左右に立つチュ・スオ、オ・ムミョンとにらみ返した。

 

「新田がいなくなった途端、イジン差別を始めやがって……おいッ!――」

 

 キムは傍観者たちを見回し、間合いぎりぎりに立つ佐伯を指差して憤然と吠えた。

 

「――こいつは、イジンを見下して差別していやがるんだ! 放っておいたら、韓国系以外もひどい目に遭うぞ! 純血だって、手前勝手な理屈でベース・ギャランティ制度の支給額を引き下げ、ルルりんキングダムを強引に抑え込むようなヤツに従っていたら、ろくなことにならないぜ! 俺たちと闘え! こいつらの勝手を許すなッ!」

 

 朱のパジチョゴリと赤のベストに燃え上がる顔を合わせるキムだったが、周囲の反応は冷ややかだった。後藤が隊服のカラーを白に変えて警備隊のイメージを向上させる一方、情報マネジメント局を使ってコリア・トンジョクのネガティブイメージを強めた結果、たびたび問題を起こしてきた彼等はすっかり悪者になり、多少強引なことをしてでも弱体化させなければならないという『世論』が作られてしまっていた。

 

「……どうしたんだ、お前らァ! いいのか、こいつの思い通りにさせてッ!」

「黙りなさいッ!」潤が、バッと銃口を向ける。「コミュニティを乱そうとするならず者め! これ以上誹謗中傷すると、容赦しないわよ!」

「何だと、このクソガキィッ!」

「立ち去れッ!」

 

 銅鑼どらを打つような佐伯の一喝いっかつ。思わずひるんだキムに、腕組みした佐伯は不動明王ふどうみょうおうさながらの迫力でたたみかけた。

 

「――これ以上騒ぎ立てるのなら、全員捕らえて厳罰に処す!」

「ふざけやがって……! こんな真似しやがるのなら、俺たちはハーモニーを抜けるからなッ!」

「好きにすればいい。ただし、そのときはこの遺跡から出て行ってもらう。森を含めたこの付近一帯での狩りも認めない。テリトリー侵犯や夜間に密猟してフィールドにダメージを与えるといったことがあれば、敵と見なして徹底的に潰す」

「……この野郎ッ!……」

 

 ひん曲がった口の左端をぴくぴくけいれんさせ、キムがこぶしを作っていた右手を開いてそこにアックスガンを出現させようとしたとき、朱の袖がクイッと引っ張られ、すぐ後ろからクォンのささやき声が聞こえる。

 

「それをやったら思う壺、みんなやられてコリア・トンジョクはお終い、ジ・エンドですよ。だから、ボクはこんなことやめようって言ったじゃないですか、ねぇ?」

「――指図するなって言ってんだろうがッッ!」

 

 肘がクォンの顔面にめり込み、ユンたちが慌ててどいたところにドッと倒す。こぶしを震わせるキムは鼻血をだらだら流すキツネ顔をにらみ、歯ぎしりしながら血走った目を佐伯たち警備隊に転じた。

 

「あ、兄貴、確かにやばいっスよ」

「デュフ……ここは引き下がって何か方法を考えましょう」

「……く……!」

 

 なだめるチュとオ、青ざめたユンたちを見たキムはうなると警備隊に背を向け、大地を踏みつけるように歩いて側近と広場を去った。その後をコリア・トンジョクメンバー――そして、折れた鼻を血で汚れた右手で押さえるクォンが見えない鎖に引っ張られるかのように追う。そうした無様ぶざまな背中に、矢萩から「お前らは、おとなしく便所掃除でもしていればいいんだ」という侮辱が、三人衆をはじめとする警備隊メンバーからは嘲笑が投げつけられた。