読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

REBEL∝VECTOR

小説/イラスト/詩/俳句 ©永都由崇

Mov.37 未明の離脱(2)

「……これって……」

 

 ガバッと掛け布団をはねのけて起き、ユキトは暗闇に浮かぶコネクトのウインドウ――表示されたメッセージを食い入るように見つめた。

 

「――『ディテオ討伐隊参加者募集』……『希望者は、明日19時までに新田へコネクト――』……独自にやるつもりなのか、新田さん……」

 

 ユキトは斜め下に目をやり、黒い奇形をにらんで奥歯をギリ……とかんだ。当初節くれ立っていた右手は防寒手袋状に腫れ、スウェットシャツの袖の下では右肩近くまで黒く変わっていて、めまいやだるさにさいなまれることが多くなっていた。

 

「……ぐずぐずしていられない……いつまでもここにいたら……」

 

 死にたくない――己をじわじわ侵す呪いにぶるっと身震いし、ユキトは出口を探すまなざしで発光するウインドウを見つめ続けた。