REBEL∝VECTOR

小説/イラスト/詩/俳句 ©永都由崇

Mov.29 魔人(1)

 第14回 運営委員会会議 議事録

 

 日時:テンペスト・ライフ 178日目 18:30~20:00

 

 場所:運営委員会事務所 3階会議室

 

 

 [議題]

 

1.精神に異常をきたした者たちについて

霧状物質を吸入した者たちは、魔人消滅後正気を取り戻しており、医療アプリのドクター・メディカの診察によると、後遺症は認められないという診断結果が出ている。

 

2.コミュニティの警備について

遺跡外周の夜間警備を監視カメラアプリのカンシくんに切り替える計画は、当面見合わせとする。今回、魔人は遺跡への侵入に際して、おそらく姿を霧状に変えて拡散させ、夜陰に乗じて警戒網をかいくぐったと思われる。再びこのような敵が襲って来ないとも限らない以上、カメラ任せにして人間の感覚というセンサーを排除してしまうのはリスキーである。

 

3.斯波ユキトの処遇について

ワンからの聞き取りでデモン・カーズの詳細は判明した。魔人化に人格を変える作用は無いとのことだが、『霧の魔人』こと首藤架穂のように肉体の変質が精神に良からぬ影響を及ぼす可能性は否定できない。そのため、現在警備隊が身柄を拘束している斯波ユキトは、不整地地帯に隔離して24時間監視体制下に置くこととする。

 

 物音一つせず、時間さえも死んだような静寂……掃き出し窓を閉ざしたカーテン越しに差す、灰色の……空気がよどむ、地下墓地じみた部屋……

 

(……どうして……こんな……)

 

 か細くあえぎ、泥状の闇で体を丸めたユキトは、胃袋が縮んだ腹の前で手を力無く動かした。左手と赤黒い爪が生える節くれ立った右手が、のしかかる掛け布団と岩肌のように感じられるベッドマットの間でうごめくと、カチャカチャ冷たい金属音が耳にさわる。両手首にガッチリはまり、鎖でつながった手錠――封印の手錠は、デモニック・バーストからコネクトやヘブンズ・アイズといったアプリ、バリアに至るまですべて封じて無力化している。

 

 ――斯波さん。――

 

 脳に刺さる短いコール音に続き、スピーカー越しの声が呼ぶ。反応せずにいると、声の主――同年代くらいの少女は、いら立ちをにじませた。

 

『――もうじき夕方です。いつまで寝ているつもりですか? いい加減起きて下さい』

 

 辛辣に突き立てられたユキトはうつろな間を置いてから半死人の動きで起き上がり、焦げ茶の掛け布団に目を落としたまま、グレーのスウェット上下を声の方に少しよじった。壁に右サイドがくっ付いたベッドの頭側から見て左斜め方向、左右に開け放たれた引き戸の前に全長20センチほどのメタリックな黒いカプセル――監視カメラアプリ〈カンシくん〉――が浮かび、回転可能な上部にあるカメラで監視対象をとらえている。それは、少年が軟禁されている自宅のそばの詰所つめしょにいる警備隊員――監視当番とつながっていた。

 

「……何ですか?……」蚊の鳴くような声が、微かに尖る。「……寝ていたっていいじゃないですか……体調だって悪いんだし……」

『面会です』

 

 ぶっきらぼうに言い、監視当番は面会者が今からそちらに行くと一方的に伝えた。引っかかりながら流されるユキトは寝癖で乱れた髪を気だるげに撫で付け、のろのろ素足を下ろしてベッドの端に腰かけると、腹の前に置いた異形の右手に左手を重ねた。引き戸が左右に開き切っているので、ダイニングテーブルに多少視界を妨げられるものの、ユキトの位置からダイニングキッチンの向こうの玄関が見える。外から聞こえる足音が近付き、いくらか緊張が感じられるノックの後に鍵がかかっていない玄関ドアが開いて、黒の長袖タートルネックとグレーのスキニーデニムパンツ姿の黒髪ロング少女がスッと入って来た。

 

(……潤……)

 

 ユキトはまぶしげに目を細め、薄暗さに浸った足へ視線を落とした。軟禁されているみじめな自分を見られることがつらかった。潤は黒いショートブーツを脱いでスリッパラックから取ったスリッパを履き、他人行儀にフローリング床を歩いてカンシくんが浮かぶ引き戸の手前で止まると、背中を丸めてうつむいている相手に黒まつ毛をふっと下げ、唇を小さく開いた。

 

「……ちゃんと生活、できているの?」

「……うん……これが……」

 

 目を上げず、手錠を見ながらぼそぼそ答える。

 

「――はまっていても、どうにかできるしね……食事とか……」

「そう……あなたのこと、ずいぶんうわさになっているわよ」

「……」

 

 全身が傷になり、骨にまで染みる感覚……眉根をきつく寄せ、ユキトは足元に取り憑いた影を暗く潤んだ目でにらんだ。うわさのことなど考えたくもなかった。秋由大を殺し、精鋭ぞろいの調査隊を危機に陥れた怪物――コミュニティ・メンバーを狂わせ、大混乱を引き起こした悪魔と同じ存在に変わっていく……それが、どのような感情を抱かせるかなど……

 

「……気にしなければいいんじゃない?」潤の視線が、斜め下に外れる。「悩んだって、どうしようもないもの……」

「……簡単に言うね……」

「気を悪くさせたのなら謝るわ。でも、例えば佐伯さんだったら、もっと毅然としていると思うわよ」

「……僕は、佐伯さんじゃないよ……」

「……そうね……」

 

 ちらと自分を一瞥した瞳が冷えていくのに気付かず、ユキトはただうなだれていた。

 

「……それじゃ、帰るわね」

 

 冷淡な響きに顔を上げ、目をすがらせるユキトに背を向けて潤は玄関へ歩き、ショートブーツを履いて出て行った。肩を落としたユキトはのろのろベッドに潜り込み、頭から掛け布団をかぶって壁側に寝返った。

 

「……薄情だよな……」

 

 暗闇によどむ、苦々しいつぶやき……慰めてもらいたかった。支えて欲しかった。しかし、潤はそんな気持ちをくみはせず、ユキトもねだるようなみっともない真似はできなかった。

 

「……こんなの、間違ってる……!」

 

 節くれ立った黒い右手をつかんで爪を食い込ませ、凍えた体は縮まり、震えた。