REBEL∝VECTOR

小説/イラスト/詩/俳句 ©NaG∀T∴

Mov.2 ニホンザル(1)

  

(……きれいだよな……)

 

 ヘブンズ・アイズのマップを注視する潤の横顔を隣から盗み見、ユキトは密かに感嘆の吐息を漏らした。雪の精を思わせる白い肌、繊細に彫り込まれた顔立ち、くすんだ黒水晶のような瞳と椿色の唇――横に一歩動けば肩が触れる距離、加えて先ほどアドレスブックに登録し合ってコネクトレベルがアップしたことで美貌は揺らめかずに見え、えんじ色のスカーフを結んだ胸の前でしっかり両手で握られる諸刃のダガーにどこか危うげなクールさを添えられていた。

 

「……ねぇ、加賀美さんの通う聖奏女学園って、どこにあるの?」

「え?」

 

 マップ上の赤い光点――モンスターが近くにいない余裕もあってユキトは話しかけ、一方、尋ねられた潤は少し間を置いてから答えた。

 

「……滋賀県よ。どうして?」

「そのセーラーブレザー、なんとなく独特な感じだから。別にヘンってことじゃないよ。素敵だと思う」

 

 自分の発言に照れ、ユキトは目を伏せた。そのため、潤が自分の制服にちらと向けたいとわしげな視線に気付かなかった。

 

「僕は千葉なんだ。千葉県立葵乃高等学校。ぱっとしない公立の進学校だけどさ」

「そう……ねぇ、斯波君、あなたはもう戦闘を経験したの?」

「戦闘?」

「ここで生きていくには、モンスターを倒してポイントを手に入れる必要があるんでしょう? 私、こういうゲーム初めてだから、少し不安で」

「あ、うん……」

 

 今の力量では危ないと忠告されたなんて言えず、ユキトは袖の上からナックル・ガントレットを装着した右手を上げ、少し自信無げにこぶしを固めた。

 

「……余計な戦闘を避けてるから、まだだけど……――僕の場合は、このナックル・ガントレットで殴ればいいんだろ、ワン?」

『はい。あなたには打撃スキルがありますので』

 

 2人を見張るように飛んで付いて来る黄金の光球が、振り返ったユキトに事務的口調で答える。

 

『――加賀美潤、あなたには剣スキルと魔法スキルがあります』

「剣は、分かるけれど……」潤は握ったマジックダガーを一瞥し、振り返って仰いだ。「魔法って、どうやって使うの?」

『ソフトウェアを操作するときと同じように、頭で考えるだけでいいのです』

 

 ワンがきらめくと、ヘブンズ・アイズのウインドウが横にスライドして潤の前にメインメニューが現れ、パーソナル・インフォメーションの項目から『魔法』が選択されて画面が切り替わる。そこには〈アイシクル〉という表示があった。

 

『氷系魔法アイシクル。あなたが現在使える魔法はこれだけです。試してみますか?』

「え、ええ……――斯波君、ちょっと離れていて」

「あ、うん」

 

 潤は緊張しながらワンの指示に従って近くの木を的にし、左足を引いて半身に構え、細かくひび割れた装飾の柄を握る右手を水平に伸ばした。

 

『マジックダガーを振るのに合わせて魔法を発動させて下さい。ちなみに魔法名を叫ぶ必要はありません』

「……!――」

 

 ゆらゆら動く広葉樹に据えられたまなざしがスッと尖って右腕が縦に振られると、ダガーの切っ先から現れた氷柱つららが矢のように飛んで太い幹にドグッと突き刺さり、2人の目を見張らせる。

 

「すごいよ、加賀美さん!」

「あ、ありがとう、斯波君」

『お見事です。レベルが上がれば、もっと強力な魔法や〈スペシャル・スキル〉をお使いになれます』

「何だよ、スペシャル・スキルって?」

『いわゆる必殺技です。強力な分、体力や精神力を消耗しますのでご注意下さい』

「スペシャル・スキル、必殺技か。僕も覚えられるんだよな――って、僕はこんなゲームにハマらないぞ。――もう行こうか、加賀美さん」

「そうね。ごめんなさい、足を止めてしまって」

「ううん、いいんだよ」

 

 微笑んだユキトは再び歩き出し、左隣の潤をちらっと見て鋼の右手を握り固めた。

 少女を、加賀美潤を守る――

 自分をヒーローになぞらえる少年は力強く、しかし、どこか危なっかしい足取りで流動する空間を進んだ。ヒロイックな気分に浸ると、置かれている状況はフィクションだという意識が強まり、恐ろしいモンスターがいるとか、アストラルが消滅するとかいう話からリアリティーが薄れていく。

 

(……何だかんだ言ったって、ホントにアストラルが消滅したりしないだろ。結局、これはたちの悪い勧誘か、金を取るための脅迫なんだから……彼女といられるなら、もう少しこのまま……リアルに戻れなくてもいいかも……)

 

 唇をだらしなく緩めたとき、自分たちの方に走って来る足音を耳にしてユキトはぎょっとし、潤がマジックダガーを握る両手に力を込める。揺らめく水面の像のようにゆがむ暗緑の陰から草を蹴る足音はどんどん接近し、たゆたう木々の間に浮かび上がる人影がユキトたちに気付いてあえぎながら叫ぶ。

 

「――あっ、あの――うわッ!」

 

 Vネックの黒Tシャツとカーキ色のカーゴパンツをはいた金髪少年――とユキトたちが視認できたところで相手は地面に張り出した根につまずき、派手に転んでしまった。大丈夫かとユキトが声をかけて近寄ると少年はうめきながら体を起こし、痛そうにしながらどうにか四つん這いになった。