REBEL∝VECTOR

小説/イラスト/詩/俳句 ©永都由崇

Mov.1 眠れる森の美少女(1)

『――大まかな説明は以上になります。もう一度お聞きになりますか?』

 

 前に浮かぶ羊皮紙柄のウインドウに表示される3Dマップをにらみ、たゆたう暗緑の空間をこわごわ歩くユキトの頭上で黄金の球体がきらめく。

 

「……モンスターを倒してポイントを手に入れ、それで武器やら食べ物やらをショッピング・アプリから購入するんだろ。この体は基本的にリアルボディと同じだから、ちゃんとポイントを稼いで食料を入手しないと飢え死にするってのは、よく分かりましたよ」

 

 忌々しげに答え、ユキトは這うように流れる下生えを踏み付けた。存在の重みが足元の流れを押さえ、ぎざぎざした葉とその下の落ち葉、湿った土が黒革のローファーを避けていく。海中にいるかのように感じながら進む空間は、先ほどの空間震によるゆがみが残っているせいで視界が十数メートルしか利かず、しかも、枝葉の間から薄汚れた曇天をのぞかせる樹木が海藻のように揺らめきながら少しずつ流れているので方向がときどきあいまいになる。そのため、ユキトはたびたびヘブンズ・アイズの3Dマップを見て、目標――自分と同じく強制転送されてきた者かもしれないUnknownに近付いているかを確かめた。

 

(……それにしても、マジでリアルを感じないな……)

 

 歩きながらユキトはリアル――ネットカフェのシングル個室席の椅子に気を失ってもたれているはずのリアルボディを感じようと意識を集中させた。通常、ワールドにトんだ後に残る肉体に生じる尿意、便意や口渇、空腹、苦痛といったものは、アストラル側で感知できるようになっている。そうでなければワールド・ライフに夢中になっている間に失禁したり脱水症を起こしたりし、最悪死亡する恐れさえあるからだ。だが、いくら眉間にしわを寄せて下唇をかんでも、リアルセンスは感じられなかった。

 

「……本当につながれないのか、リアルと?」

 

 募る焦燥が前方斜め上に浮かぶワンをにらませ、ついさっき問いただしたことを繰り返させる。

 

『できません。もう戻らないのですから、知る必要はないでしょう』

 

 ワンはきらめき、素っ気無く返した。

 

「悪ふざけもいい加減にしろよ……! こんなめまいがしそうなところにいつまで閉じ込めておくつもりなんだ!」

 

 鋼のこぶしを固め、ナックル・ガントレットがはまった右腕を振り上げかけたユキトは、3D映像相手ではどうにもならないと歯ぎしりし、ワンから視線を外しておどろおどろしく繁茂する広葉樹の間を黙々と歩いた。

 

(……本当に切り離されているのか……?)

 

 拠り所無い感覚に胸が密かに震え、動悸が早まる。ユキトはうっすら青ざめた顔を上げ、硬い声で尋ねた。

 

「……おい、僕がここにトバされてから、どれくらい経ったんだ?」

『時計アプリは、プリインストールされています』

「そうかよ……」

 

 舌打ちしてアプリ起動を思考すると、羊皮紙柄ウインドウそばに『時刻 15:47:14 経過時間2:34』という横長の表示が現れる。

 

「……今15時47分で、ここに来てから2時間34分経ってるってことか……?」

『ご覧になった通りです』

 

 顔をしかめ、ユキトは無関心に流れていく時間を見据えた。ネットカフェ――サイバードリーム葵店入店がだいたい午後1時だったことを考えると、どうやら日本標準時に準拠しているらしかった。

 

(……個室レンタル料金が、どんどんかさんでいく……って言うか、そのうち店員が異常に気付いて通報するだろうな……保険に入っているから、リアルボディはちゃんと保護してもらえるだろうけど……こんな事件に巻き込まれてるんだから、明日の物理の小テストや数学ができなくても大目に見てもらえるよな……けど、もしこれがずっと続いたら……)

 

 いや、ここから出られないというのはただの脅し、そのうちいくら払えば解放するって話になるはず――不安を振り払おうとしたユキトは、ふっと暗くなった目を揺らめく地面に落とし、ニヒルな薄笑いを浮かべた。

 

『足元ばかり見ていると、危険に気付くのが遅れてしまいます』

 

 うつむいて歩く少年に注意が降る。

 

『――くどいようですが、このシミュレーテッドSリアリティRゲームG・ゾーンはアストラル保護に関して他と決定的に異なります。一般のゲーム・ゾーンでは、例え銃撃でハチの巣にされ、爆発で五体がばらばらになろうとも痛みを感じないのはもちろん、アストラルが傷付くこともありません。それは人間の魂そのものとも言えるアストラルがダメージを受ければ、深刻な後遺症が残りかねないからです。ですが、ここでは負傷すれば痛みを感じて血が流れ、致命傷を受ければアストラルが消滅します』

「ふん」

 

 ユキトは鼻を鳴らし、鋼がこすれる音を立てて右こぶしを作った。脅しにびくついていると思われたくない。だから、できるだけ平気なふりをしてやる――それはささやかな抵抗だった。

 

『――ですから、入手したポイントを使ってバリアを強化し、トレーニングや実戦経験を積んで戦闘スキルを上げていく必要があります』

「そうしなければ、モンスターにやられて死ぬんだろ?」

『はい、間違いなく死にます』

 

 きっぱりとした返答がしゃくに障り、ユキトは目元をゆがめ、いびつに曲がった唇の裏で歯がみした。怒りがこみ上げる一方、首筋にあてがわれる鎌の刃を感じて怖気が走る。

 

 ――……死ぬ……――

 ――……死ぬ……――

 

 頭の中で渦巻くたび、現実味を帯びてくる言葉。揺らめく空間のただ中で動揺がどんどんひどくなり、両足から力が失われてどこへともなく流されてしまいそうになる。

 

(……死ぬ……か……………………)

 

 くすんだ鋼が覆う右手で苦しくなった胸を押さえ、ユキトは喉の奥でうめいた。

 

(……別に構わないさ。生きてたって、どうせロクなことはないんだから……)

 

 口角をうなだれるように曲げたユキトは、しかし捨て鉢になり切れず、左斜め前にスライドさせた3Dマップ上の白い光点をちらちら見ながら下生えの流れを踏み、モンスターを意味する赤い光点を避けて、陰気な緑のにおいが立ち込める森の海を逃げるように進んだ。

 

『Unknownとの接触まで、約60秒』

 

 報告を耳にして3Dマップの縮尺が大きくなり、ぼやけた領域の大半を枠外に消しながら100メートル四方が拡大される。それを見ながらユキトは揺らめきを進み、白い光点が示す場所に奥二重の目を凝らした。