REBEL∞VECTOR

小説/イラスト/詩/俳句 ©NaG∀T∴

俳句

俳句 2019年8月14日

夜も更けて 途切れ途切れの 蝉の声

俳句 2019年8月4日

見上げては 死から逃げたる 夏遠く たそがれの 葉陰に異形 夏畑

俳句 2019年5月3日/憲法記念日

蒲公英の 絮よ歯向かえ 嵐さえ 南中や 白詰草も 沸き立ちて

俳句 2019年4月24日

集まれよ 菜の花畑 宴あり

俳句 2019年4月21日

木陰から 眺むる胸に 落花あり

俳句 2019年4月15日

腹浮かべ なぶられるまま 鯉のぼり 菜の花や 花花花が 波打ちて 老犬の 歩みは重し 花曇

俳句 2019年4月5日

夜桜や 鼓と笛に 炎揺れ ひらひらと 桜舞ひけり 能舞台

俳句 2019年3月31日

そちこちの 土筆に踏み場 探しけり 土筆 花冷えや 縄跳び少女 はずむ息

俳句 2019年3月17日

春まとい からりとなりし 揚げまんじゅう 揚げまんじゅう 空からは 幾何学模様 春の街 スカイツリーから

俳句 2019年3月14日

病み上がり 春のいろどり 映りけり 枝を離れ 足元照らす 夏蜜柑

俳句 2019年3月9日

濡れそぼつ 梅のますます 匂ひ立ち

俳句 2019年3月3日

春宵の 腿の白さに 揺らめきて 年重ね 座敷傾がす 雛人形

俳句 2019年2月20日

ひと粒の 命に春の しるしあり

俳句 2019年2月4日

立春に 兆しのやうな 鳴き声や

俳句 2019年1月27日

初稽古 糸が走りて 曼荼羅や 正月や ぬくもり贈る 献血へ

俳句 2019年1月8日

鏡餅 ひびはいかなる 兆しかな 鏡餅 盛りを過ぎて ひび割れぬ

俳句 2018年12月22日

冬日向 選んでベンチ 座りけり クリスマス オーナメントに ならずとも

俳句 2018年12月16日

いつまでも 子だと語りし 冬の居間 しりとりの キャッチボールす 冬の星

俳句 2018年12月1日

冬ざれに ベビーカー押す 若白髪 欄干の 猫のまなざし 冬の空

俳句 2018年11月23日

ガリガリと 幹で爪とぎ 冴えにけり

俳句 2018年11月17日

女生徒の 生足躍る 初冬かな 湯たんぽで 火傷せぬよう 念を押し パン焼けて 客次々と 冬並木 信号は 赤に青にと 冴えにけり

俳句 2018年10月19日

満天の 星さながらに 実る柿

俳句 2018年10月6日

大地との 契りを競う 銀杏の実 黄金雲 家路を急ぐ 秋の暮

俳句 2018年9月23日

毬栗や 撒菱のごと 阻みけり 飛び出して 火を咲かせたる ヒガンバナ

俳句 2018年9月20日

薄れゆく 庭にほほづき 灯りけり

俳句 2018年9月17日

不忍の 蓮葉が受くる 秋夕

俳句 2018年9月16日

皮むいて ほのひかる梨 珠のごと 雪玉の ような梨持ち しびれる手 梨食えば 五臓六腑に 蜜溢る

俳句 2018年9月13日

片脚の ばつた負けじと 飛びにけり

俳句 2018年9月9日

重き桃 投げて別れん 死の国と 切れ目から にゅるりと分けて 桃の肉

俳句 2018年9月8日

皮をむき なまめきあらわ 葡萄かな 数千の 時経て葡萄 血となりぬ あといくつ 名残惜しんで 葡萄食う