REBEL∝VECTOR

小説/イラスト/詩/俳句 ©NaG∀T∴

2017-04-01から1日間の記事一覧

(6)

闇に埋もれた針葉樹林を揺さぶって、夜が雪とともに飛んでいく。巨躯が冷え切って重くなったシグルの頭上で雪雲の層が黒から蒼に変わり始め、寝ずの番をする見張り役たちのあくびが風のうなりに混じって聞こえた。 やがて未明を迎えた林の中央で、シカたちが…

(5)

吹雪で濁った麓――分厚いねずみ色の雲のはるか下、林が少し開けた場所で開かれた集会では、長老、その右隣に鼻高々と立つオージュ、卑しげな笑みをたたえたフルーを始めとする雄たちに囲まれたシグルが、ぶつかるとげとげしい雪から目を伏せ、口からかすれた…

(4)

未明、シグルは硬い雪を掘り、秋のうちに土の下に蓄えておいた木の実で軽く腹ごしらえを済ませると、仲間に気付かれないように林を抜け出して吹雪の山をのぼった。 ――あの子オオカミを、殺す―― 痛みが残る右後ろ足を心持ち引きずり、拒むように枝を伸ばす低…

(3)

――あのとき、巣穴からふらふら出てきたのは、見るからに弱って足取りもおぼつかない子オオカミだった。まだ生後数十日くらい――野ウサギより一回り大きく、薄灰色の柔らかな毛並みをした幼子は、どうやら病んだ熱に浮かされているらしくぼうっとしていたが、…

(2)

「そうか……よくやったな」 老シカは少し離れて前に立つシグルをしわがれ声でねぎらい、吹き付ける雪に顔のしわを深めた。風雪になぶられる針葉樹林の少し開けた場所で、くすんだ毛並みの老シカを要かなめに十数頭の雄シカがシグルを囲み、オオカミ殺しを始め…

(1)

逆稲妻形の角を伝った血が風に飛び、かき乱された雪の上に落ちる。引き裂くような吹雪がすべてを灰色に煙らせ、そそり立つ針葉樹と落葉した低木の群れを侵した森で焼き切れそうな息を吐く雌オオカミは、角の先を赤く汚して自分と対峙する雄シカをかすんだ双…

話はそこで終っていた。 わたしは本を閉じて妻を見た。彼女はただ、じっとわたしを見つめていた。闇が忍び込み始めた部屋はどこか異様さを増しており、熱のせいか寒気がして頭が少し朦朧もうろうとしてきた。わたしは一言、怖い話だねと言って本を返すと、妻…

―――――――――――――――――――――――――――――――― 肉が切り裂かれ、血が噴き出す音が聞こえました。サイキが私をかばって剣を受け、崩れていくのが見えました。仰向けに倒れた体に飛び付き、ごぼごぼ血があふれる傷口を両手で押さえて繰り返し名を呼ぶ私を見つめ、サイキは…

地上を忘れようと努めてしばらく経ったある日、いつものように鬼たちと働いていた私のところにメミという名の鬼女が転がり込んで来ました。ぜぇぜぇ息を切らしながら何事か伝えようとする彼女――まだ鬼の言葉を大まかにしか理解できなかった私はサイキを呼ん…

私はその穀物らしきものに手をつけませんでした。得体が知れないうえ、鬼女が触れたものなど汚けがらわしいと思っていましたし、何よりも地上を、あの光に満ちていた世界を僅かでも思い出させるにおいなど嗅ぎたくありませんでした…… しかし、鬼女たちは私の…

残暑の濁った夕暮れ…… 遠く……か細い蝉の鳴き声が聞こえる…… ふと……夢うつつに目を覚ますと、友人の見舞いに出かけていた妻が頭のそばで正座をしていた。白い肌とワンピースが、窓から差し込む黄昏の陽で薄暗い赤に染まっている。マンションの西向き六畳和室…

Mov.49 笑う悪魔(2)

くすんだ目元をゆがめ、佐伯は肘を突いて組み合わせた手がテーブルに落とす影をにらんだ。背中を曲げて座る姿を天井の蛍光灯が照らして浮かび上がらせるそれは、薄ぼんやりとしていながら底なしに深くも感じられる。峡谷から後退し、森を抜けて再び平原にキ…