REBEL∞VECTOR

小説/イラスト/詩/俳句 ©NaG∀T∴

2016-12-11から1日間の記事一覧

Mov.9 赤い天の川(5)

ポイントをすべて焚き火につぎ込んでも、1週間程度―― それ以外のことに使えば、当然時間は短縮される―― 運命を知らされた少年少女はまごついた視線を交わし、助けを求めて周りに目を向けたが、辺りには傷付き、疲弊し切った姿が見えるばかり。 「……こんなん…

Mov.9 赤い天の川(4)

「――……はぁ……はぁ……」 膝に手を突き、今にも崩れそうな前屈みであえぐ顔から汗が滴り、赤橙あかだいだい色の地面にぼたぼた落ちる。荒い胸の上下がどうにか落ち着くとユキトは乱れた頭を上げ、顔の汗を左手の平と甲とで拭って辺りを見回した。 「……潤……篠沢……

Mov.9 赤い天の川(3)

「――ぜやアッッ!」 突き出した新田の両手がスパークし、宙を切り裂く稲妻が汚い血液と肉片、外骨格の欠片を散り散りに飛ばす。四方から闇を震わせて飛来し、二足歩行で前のめりに突進して来るテラ・イセクを片端から爆散させる雷系魔法〈サンダーボルト〉――…

Mov.9 赤い天の川(2)

「――ギャアァァッッー! いやや! いやや、いやや、いやや、いやや、いややッ! ギャーッ! ギャーッ! ギャァーッッ!――」 飛来するや8本の節足でがさごそ這い、後ろ脚でグワッと立ち上がって突進するテラ・イセクにジュリアはサイレンばりの絶叫を上げ、…

Mov.9 赤い天の川(1)

――【WARNING】――【WARNING】――【WARNING】―――― 非常事態を知らせる真っ赤な表示がヒステリックに点滅し、ギャン泣きする赤子の集団さながらの警告音が、焚き火に赤々と照らされる空間を激しく戦慄させる。脅威を確かめようとヘブンズ・…